fcb.portal.reset.password

Jordi Roura, aquest dissabte / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

AC ミラン との火曜日の対戦に向けって、集中している ジョルディ・ロウラ は、「火曜日の試合を戦いたいという意欲に私達はあふれている。主審が最後の笛を吹くまで、私達は逆転させるためにトライしなければならない」 とその意欲を語り、「当然、攻撃しなければならない。だが、だからといって、逆転したいという気持ちが先走るようなことがあってはならない。私達は必要な攻守バランスを維持する必要がある」と冷静に語った。

ロウラは、そのための鍵は、ボールを回すスピードにあると話し、「ボールが早く回るほど、私達にとっては攻撃しやすく、その選択肢が増えることになる」 「試合をどうやって戦うべきかガン和えはある。ミランがどう戦ってくるかについても、自分達がどうしたいのかも私達は明白にわかっている。後は、実際、それがピッチ上でどう出るかだ」と説明した。スタメンはまだ決まっていないが、今週の土曜日に選手がみせたレベルから「スタメンを決めるのが更に難しくなった。チームは野心をあらわにしている」とコメントした。

デポルティーボ戦での勝ち点3

「試合に勝って次の試合に向かうのが最良の方法だ。 それを私達は土曜日に達成した。とはいえ、両大会は別物で、全く異なるものだ」とロウラは明言し、「今週、勝ち取った勝ち点3は、リーグ優勝のためにも基本だった」「チームのディフェンス面はよかった今回、私達は失点をゼロに抑えることができた。それも大事だ。火曜日の試合に向けて、それはいいことだ」 と付け加えた。

セスクの仕事に満足

最後にそれおぞれの選手について話したロウラは、メッシ、イニエスタ、セルヒオを後半から投入したのは、二つの理由があり、「彼らがピッチに入ると、その違いがわかるし、試合を円満に終えるのに役に立った。それに彼らにも参戦しているという感覚を持ってもらうのは大事だ」からと説明した。 

セスクについても、ロウラははっきりしており、「全ての選手に、絶好調の時もあれば、最悪に不調な時もある。私達は、セスクが行っている仕事内容に大満足しているし、今季、彼は素晴らしい試合内容のプレーをしている」とかばった。また、いつもながら、サポーターがスタンドから支えて応援してくれたことについても、心から感謝した。


上に戻る