fcb.portal.reset.password

Puyol, en roda de premsa aquest divendres / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]] カルラス・プジョル は、右膝を負傷した後、手術を行ない、二か月半になるが、最初の数週間は殆ど歩くこともできなかったが、現在は、日々良くなってきていると話し、現況に「満足している」と記者会見で明かした。現在、プジョルは、「リハビリトレーニングプランはできている。プレシーズンにできるだけ最高の状態で間に合うように、もし、百パーセントでいければ尚、良い」と話した。

プジョルの中ではっきりしているのは、できるだけ、バルサでの引退を先延ばしにしたいということだ。 「後、3年契約が残っているし、40歳までプレーしたい。そのために戦っていく」と話し、他のクラブへの移籍という考えを一蹴した。「僕の将来は、バルサのみを通って行く。僕の一番の希望はここで引退することだ」と付け加えた。リハビリトレーニングプランはできている。プレシーズンにできるだけ最高の状態で間に合うように、もし、百パーセントでいければ尚、良い

3月15日に手術を行なったカルラス・プジョルは、昨年の夏から違和感を感じ始めていたが、PSGとの親善試合でそれをはっきりと認識したと明かし、このままではクラブの助けになれないと判断し、手術を決めたと説明した。状況的に、それまでは「現在まで最も保守的な治療」を続けてきたために練習はできたし、トライもしたが、それ以上はできないとわかり、結局、「膝が僕自身に訴えてきた」と話した。

プジョルは、サンドロ・ロセル会長が信頼を寄せてくれていることに感謝し、ほぼ、3年契約更新について合意しており、サンドロ・ロセルが電話をかけてきて、プジョルの契約更新は「クラブにとっても組織にとっても公正だと信じている」と話したことを明かした。まだ、「信頼に感謝」しつつ、契約更新にサインしたと話し、その契約を途中で放棄するのはよくないとの考え方を示した。

また、今までメディアの前に現れなかったことを謝罪し、「もし、もっと前に現れていたら、こんなには話さなかっただろう。全ての経験から学ぶことがある」とコメントした。

アビダルとバルデス

キャプテンはこの件に関して「つらく感情にあふれる日だった。みんあのお手本であり、友人であり、永遠のバルササポーターである偉大なチームメートが去っていくのだから」とアビダルについて語った。また、ビクトル・バルデスについては「クラブ史上そして世界最高のゴールキーパー」と形容し、「彼は僕の友人。常に正面からいく彼は信用ができる。彼が来季も継続するのは最高のニュースだ。世界一のGKを後1年、また手にできるのだから」と話した。

上に戻る