fcb.portal.reset.password

La reaparició d'Abidal, en el lloc de Piqué. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

偉大なバルサがマジョルカをセスク(3)とアレクシス(2)のゴールで堂々と制した。首位のチームの態度は、この落とし穴と化す可能性のあった試合を見事に乗り切った。とはいえ、この試合は、結果よりも ティト・ビラノバがカンプノウに戻ってきて、アビダルが蘇り、ホームのピッチを踏んだという事実によって、記憶に残ることだろう。アビダルは69分からピッチにたったが、実際に中に入る前に、これ以上はないというほどの素晴らしい雰囲気でスタジアムに迎えられた。

セスクとアビダル

バルサは、ビゴと同じスタメンを起用したが、メッシの代わりにイニエスタを使うことを余儀なくされた。そのイニエスタは、キャプテンの役割を担った。イニエスタがチ0無の心臓となった。今日の試合は、水曜日の試合に向かての足慣らしだったが、センターバックはバルトラとピケがつとめた。このポジションが最も負傷で苦しんでいる場所だ。セスクはフェイクの‘9番’をつとめた。

バルサの‘4番’にとっては、快適にプレーできるゾーンだった。セスクは、アレクシスと完璧なトライアングルを見せた後、先制点をマークした。その次は、アレクシスが決める番だった。20分から22分の間に、勝利への道へと進んでいた。

ハーフタイムに試合が決定

試合は次から次へと提案してくるバルサに、ひたすら、守るマジョルカの図となり、ピントのゴールは殆ど揺らされることがなかった。アレクシスは絶好のチャンスをきっちりととらえ、 バルサはマジョルカの創造的なゾーンを片端から潰していった。

ファブレガスの'ハットトリック'

前線は勇敢だったが、全体としては脆さを露呈したマジョルカに、グレゴリオ・マンサーノ監督は、中盤に3枚目のボランチをいれて、基盤を強固にしようとしたが、セスクの前に功を奏することはできず、ハーフタイム前に試合はっほぼ、決まったも同然だった。後半、イニエスタに代わって、ジョナサンが入り、兄弟のジョバンニとピッチ上で対戦することになった。試合は動き続けていた。アルファロがゴールを決めたが、非常に厳しいオフサイド判定により、そのゴールは取り消された。

"アビダル! アビダル!アビダル!"

試合の33分、カンプノウは歓喜に包まれた。アビダルがアップを始めたのだった。その後、誰もが最も心待ちにしていた瞬間が訪れた。ティトに握手すべく、手を差し伸べると、アビダルが69分にデウロフェウに.変わってピッチに入ったのだった。となりには、バルトラが控えた。

ビラノバがベンチから見守りつつ、カンプノウに戻り、「22番」が帰還した。夢見た夜となった。バルサはリーグ戦では以前として13点差をキープし、次のパリス・サンジェルマン戦に臨む。

上に戻る