fcb.portal.reset.password

Alexis i Xavi, a Munic. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バイエルン・ミュンヘンは、チャンピオンズリーグ準決勝の第一レグで大量ゴールを決めて、バルサにつらい敗戦をもたらした。ヘインクスはのチームは、最高の状態で試合に臨んだ。ポテンシャルの高いチームを前に、フィジカル的にもメンタル的にもフレッシュさに欠けたバルサ(メッシは彼の最高のレベルを発揮できなかった)より、上だった。バルサにとっては、余りにも厳しい懲罰となった。チームは試合のスタートから正面切って試合に臨んだが、後半にはバイエルンの前に屈することになった。

両チームとも、非常に注意深くアリアンス・アレナのピッチに飛び出した。開始から2分でロッベンが大きなチャンスを手にしたが、バルデスがセーブした。ポゼッションを手にすることで、バルサはポゼッションを手にすることで、バイエルンの支配から抜け出そうとした。ボールはバルサのものだった。バイエルンは最初、ピケのハンドによるPKを申し立て(15分)、快適にプレーしているとは言い難かった。バルサは急ぐことなく、しかし、余り広くピッチを使うことができないまま、試合を続けた。

効率的な空中プレー

殆どシュートもないまま、バルサはクリエーションエリアに創造力が欠けた状態で、試合が続いた。前半に8回もコーナーキックが与えられ、その度にバルサは苦しめられた。5回目のコーナーから、バイエルンの先制点が生まれた。その前にダンテがアウベスにファウルを犯していたが、それを主審は咎めることもなく、ミュラーのシュートがゴールに突き刺さった(24分).

 ゴールは、前半の状況を殆ど変えなかった。バルサはボールを支配し、右を中心に攻撃を行なった。アウベスが多くのスペースを手にしていた。ミュンヘンのメリットの一つに、メッシを孤立させたことがあった。メッシは殆ど攻撃エリアに近付くことができなかった。ネウエルもバルデスも殆ど仕事はなかった。ペドロが送ったセンタリングは、残念ながらメッシのシュートにはつながらなかった。

マリオ・ゴメスによる支配

  バイエルンはハーフタイム以降、再び、元気を取り戻した。再び、コーナーから生まれたゴールは、マリオ・ゴメスが決めたものだfが、そのポジションはかなり疑わしいものだった(48分)。 2-0 はバルサにとって大きな打撃だった。その後、ミュラー、リュベリー、ロッベンが更に点差を広げた。 バルサは、徐々にイニシアティブをとるようになっていった。バルトラもエリア内でシュートチャンスを得たが、ボールはネウエルの腕に吸い込まれた。

厳しい打撃

バルサが最も必至になっていた時、バイエルンは試合を3-0にした。ゴールを決めたのは、ロッベンだったが、その時、ミュラーがアルバに対し、疑わしいブロックを行なっていた。これは、痛い平手打ちだった。バルトラが点差を縮めるチャンスを手にしたが、再び、ミュンヘンが四点目をマークした。2009年に決められた4-0の借りを返した形になった。ウエンブレイがバルサから遠ざかった。

上に戻る