fcb.portal.reset.password

試合中のロウラ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ジョルディ・rロウラは、ミラン戦の後の記者会見で、非常に幸せそうにりラックして現れた。チャンピオンズリーグでの8強進出を手にしたロウラは、 スタンドの観客が鍵になった。彼らは素晴らしかった。サポーターの支えは本当に力になったl と会見が始まる前に、まず、サポーターへの感謝を述べた。

試合については 「私達が逆転しなければならないとはっきりとわかっていた。ワンサイドを別サイドよりも大きく開けて、ピッチを告火曜にした。私達のセンターFWを中心にプレーを展開し、相手のセンターバックが動けないようにした」と戦略を説明し、ロッカールームは 「幸せと喜びにあふれている」と伝えた。

バルサが望んでいた試合

また、試合の鍵の一つとして、ジョルディ・ロウラはハーフタイム前にゴールを決めたことをあげた。「ハーフタイムに私達は自分達が望んでいた-2ゴールを決める-ところにいた。だから後は落ち着くように、と選手には話した 3-0になってからは正直、難しかった。どんなプレーをするにしても、難しい状況に追い込まれる可能性があったからだ。私達はうまく‘時間’をコントロールし、4-0で全てが終わったんだ」とロウラは分析し、ティト・ビラノバもすごく幸せだ。次の段階では、彼がベンチにいることができるだろう」と付け加えた。

また、ロウラは、選手のことを「彼らは特別だ」とも表現した。  彼らは値しない批判を最近、かなり受けたと思うが、彼らが特別な選手だということを身をもって証明した。だからこそ、私達は彼らを誇りに思えるんだ。私はとても満足している」 と話し、レオ・メッシについても「サッカーをプレーすることは何かという素晴らしい授業を私達はレオに受けている。彼は本当に素晴らしい選手だし、優秀な選手が周囲にいることが更に彼を作り上げているのだろう」と評した。

ペドロ、ベスト8の第一レグ欠場

試合でイエローカードを受けたペドロ・ロドリゲスは、累積警告により、ベスト8の第一レグを欠場することになる。


上に戻る