fcb.portal.reset.password

L'equip ha assolit els 100 punts a la Lliga / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FC バルセロナは、2012/13年を勝ち点100を獲得して終えた。 バルサは戦う目標が特にないマラガを4-1で下し、歴史的な数字、リーグ点勝ち点100点獲得を達成した。試合は、あっという間に決まった。前半、ビジャ、セスク、モントヤが決めた3ゴールで前半15分には、試合は決まったも同時だった。そのメリットをキープすることに終始し、試合は結局、更にイニエスタ(スーパーゴールをマーク)、ピント(ゴールマウスでリサイタルを繰り広げた)を主役に加え、最後にアビダルがスタンドの拍手を浴びて、舞台に登場した。

最速な方法で

FCバルセロナは、試合15分で、歴史的な勝ち点100点達成を決めてしまった。 試合は気が抜けた状態でスタートしたが、前半3分にイニエスタ、ペドロ、ビジャがコンビネーションプレーからチャンスを生み出し、ビジャが先制点をマークした。セカンドゴール、サードゴールが決まるのも、それほど時間はかからなかった。前半14分には、セスクがイニエスタとワンツーでもっていき、2点目をマーク。その120秒後には、モントヤがゴールを祝っていた。モントヤはエリア外正面から、GKの止められないシュートを繰り出した。.

一瞬の間に、カンプノウは3-0になっていた。同時にチームは、昨年、作ったリーグの得点記録(114)と並んだ。今後、更新することだろう。

マラガの向上

試合を 3-0にした後、 何も競うこともないマラガもようやくエンジンをかけた。ペレグリーニのチームは、前半の終盤にラインを上げ、危険な攻撃をピントを相手に生み出した。特にバウティスタのシュートは大きなチャンスでコーナーに終わったが、ハーフタイムの時点で、バルサは義務を果たしたも同様だった。

イニエスタのスーパーゴール

後半は、イニエスタの芸術的作品で幕を開けた。イニエスタは、正面から正確なシュートを繰り出し、試合を4-0にした。ピントは、その前にカンプノウのスタンドが立ち上がったほどのセーブを見せた。 誰もゴールを決められなかったが、モラレスが右サイドから小さなスペースを利用して、マラガに1点を返した。マラガの攻撃努力が報われた形となった。
アビダルのための時間
試合が決まった後、ビラノバはティアゴをイニエスタに代えて投入し、その後、ピケに代わってエリック・アビダルを、ビジャの代わりにアレックス・サンチェスを投入した。試合の最後はカンプノウのフィエスタだった。ウェーブが起こり、‘カンペオーネス、カンペオーネス’(チャンピオン、チャンピオンの意味)の歌声が響き、アビダルがボールを触る度に拍手が起きた。このリーグは、決して忘れられることはないだろう。

 

上に戻る