fcb.portal.reset.password

試合中のセスクとメッシ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

大きな打撃を受けた後、チームは再び、立ち直らなければならない。自己批判し、修正し、再び、前を見る必要がある。それこそ、セスク・ファブレガスが行なったことだった。敗退の言い訳を探すこととは程遠く、 「僕らはもっと努力しなければならない。ここから立ち上がり、前進し、土曜日に勝つ」と言い切った。
セスクの考えは、はっきりしていた。今回の試合の中で、マドリードは「彼らが得意としているカウンターで僕らを痛めつけた。0-2で僕らはダメージを受けた」と話した。

「将来のために学ばなければならない」 とセスクは話し、「もっと大事なタイトルがまだ、二つ残っている。僕らは前に向かっていかなければならない」と付け加え、また、「マドリードとミランは全く違う。大会も異なっているし、このチームを信じている」とコメントした。

セスクは隠れることなく、ここから先に向けって、強く第一歩を踏み出していきたいと表現した。「今日は、僕らは肩を落として帰宅するが、明日からはもっとハードに頑張っていく。なぜなら、僕らはバルサを代表しているのだから」と話し、サポーターが試合終了の笛が吹かれるまで、ずっと応援してくれたことに対し、「僕らにずっと送ってくれた彼らの応援を心から僕らは感謝している」と合わせて述べた。

ジョルディ・アルバ

「僕達は参っているよ。決勝まで行きたかったのに、ペナルティと0-2のゴールに僕らは傷つけられた。正面から向かっていったが、今回は思ったようにはいかなかった。この敗退がチャンピオンズリーグに向けて、僕らを更に強くすることだろう」

「僕らはいいスタートを切った。チャンスも手にしたが、マドリードが得意の1対1でPKが生まれ、それにやられてしまった」

「僕らが負けた二戦は、鍵になる試合だった。でも、まだ、ミランの第二戦は残っているから、絶対、今回よりうまくいくだろう。もし、早い時間にゴールを決められれば、僕らが通過する可能性は高くなる。大きな期待をもっている」

サポーターの支えにありがとうといいたい」

次回の練習

次回の練習は、今週水曜日に行なわれる。記者会見では、アンドレス・イニエスタがメディア対応する予定。

上に戻る