fcb.portal.reset.password

タイタンスポーツ紙のジェラルド・ピケ

ジェラルド・ピケ は、百万部の発行数を誇る中国のスポーツ紙タイタンスポーツの取材に応え、主役となった。ピケは、ACミランを相手に必ず、大逆転を果たすと誓ったほか、中国の典型的なスポーツ、ピンポンに大きな関心を抱いていることを明かした。

「ティトのために戦う」

カンプノウで行われるミランとの対戦で、逆転を狙うピケは気力にあふれ、楽観的だった。「ミランは競争力が強くて素晴らしい歴史のあるチーム。対戦が難しいのはわかっている。2ゴールのデメリットを手に僕らは完膚王に戻って、そこで結果をひっくり返さなければならない。僕らはいつもの僕らのスタイルを貫いて、最後まで攻撃し続けるよ。ホームで3-0で勝てることを願っている」と話した。

また、その場でピケは ティト・ビラノバへの励ましのエールを送った。ビラノバは現在、ニューヨークで治療中だが、「ティトがいなくて、彼の不在を僕らは本当に寂しく思っている。僕らは彼のことをみんな信じているし、彼のことが大好きなんだ。僕らは監督なしという難しい状況に置かれている。これは、経営者なしで企業を動かすようなものだ。だけれども、僕らはこれを超えてみせる。ティトはニューヨークから僕らを助けてくれている。一番大事なのは、彼の健康だし、僕らは彼にプレッシャーを与えたくないんだ。治るまで僕らはみんなで待つよ」と話した。

ベッケンバウアー、偉大な例

ジェラルド・ピケは、 フランク・ベッケンバウアー を偉大なディフェンダーの例としてあげ、「彼のビデオはたくさん見たよ。彼は偉大な選手で、バロンドールも獲得している。僕にとっては手本だ。それに小さかった頃、僕はすごくロナウド・クーマンが好きだったんだ。彼はゴールを決めて、その後、バルサに最初のチャンピオンズリーグをもたらすのに貢献した。ほかにはACミランの素晴らしい選手、パオロ・マルディーニも。彼らからは多くのことを学んだよ」と話した。.

また、現在のバルサについては、彼の1987年ジェネレーション(メッシとセスク・ファブレガス) が、チームの責任を負う役割を担っていることを認め、「僕らは若者にとって手本にならなければならない」とコメントした。

・ピケが卓球にも優れていることがわかる映像は、下記から。

上に戻る