練習中のメッシ. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

トップチームは、ジョアン・ガンペル練習場で、日曜日のエスパニョールとの対戦(19時)に備えて、調整を行なった。練習は、ティト・ビラノバが率いた。ビラノバは、公開練習では、オフィスに残り、姿を見せなかった。

練習は通常通りに行なわれ、招集可能な選手は、全員、グループ練習に参加した。特別な練習をこなしたのは、リハビリを行なっているエリック・アビダルイサック・クエンカの二人だった。クエンカは、ジム練習を行なった。アドリアーノ・コレイアは、金曜日の練習は念のために早めに引き上げたが、この練習では通常通りにチームメートの元に戻った。

バルサの次の練習は、日曜日の午前中に、カンプノウで行われる。午後にはエスパニョールとダービー戦を行なう。ティト・ビラノバは、その際に試合の招集リストを発表する予定だ。