fcb.portal.reset.password

ペドロのゴールを祝うチーム FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

90分間、尽くして働き、走り、ボールを取り返し、アシストを送り、決して立ち止まっていることがない。 ペドロ・ロドリゲス は、地味だが、疲れを知らず、チームにとっては、決して欠けてはならない、常に頼りにしたい、そんな選手だ。 だが、そんなペドロは、別の性格も持っている。それは、大切な夜、真実の瞬間が訪れた時、生死がかかった瞬間に、必ず、決定機を生み出し、現れるのだ。

今日、ペドロが決めたゴールは、PSGの前にドローをもたらし、最終的にドローに終わった試合の唯一の得点となった。バルサの「17番」は、「僕らは準決勝に進出するのにふさわしかった」とコメントした。 ティト・ビラノバの率いる選手達が手にした6回目の連続準決勝の切符は、ペドロいわく「最初から最後までいい試合」だったことの賜物だった。 また、ペドロはPSGを「この大会のこの時点に残っているのにふさわしい偉大なライバル」と称した。

また、レオ・メッシについて 「僕らと共にいるために、1週間、多大な努力をして今日、ピッチに立った。それだけの仕事をしてくれて、チームを助けてくれたことに、彼には感謝しなければならない。彼はナンバーワンだ
と賛辞を送った。

ダビッド・ビジゃ

「PSGのカウンターには痛めつけられたが、彼らはチャンスを手にして、僕らは前半、ボールを失ったが、それでもいい試合だったと思う。次の駒に進めてすごく満足している。チャンピオンズリーグを楽しみ続けていきたい」

「レオは世界一の選手だ。僕らは彼がクラブのために、僕らと共に、サッカーと共にいてくれたことに、祝福しなければならない」」

「準決勝は難しい。僕らは準決勝を抜けて、決勝にいられるように、十分、準備しなければならない」

ピケ

「PSGは、偉大な選手を抱えている偉大なチームだ。試合が大変だということは、臨む前からわかっていた」

「彼らは僕らが嫌がる高い位置で攻めてきた。このチームは、期待していなかった多くの状況から抜け出してきた。再び、最初のスコアをひっくり返した。それは評価するべきだと思う」

「僕らは、世界一の選手について話しているんだよ。もし、メッシがいるなら、どんな状況でも、絶対に使わなければならない。たとえ、彼が少し、足を引きずっていても、彼がいるだけで、僕らの気分も相手の気分も、変えてしまう力がある」

「カンプノウに来て、彼らのようにプレーするチームは、そうそうない」

イニエスタ

「チャンピオンズリーグの準々決勝にふさわしい試合だった。最終的に僕らは、偉大なライバルを前に、目的を達成できた」

「正確さに欠ける瞬間があったし、動きにも欠けたかもしれない。でも、時にあることだ。後半は、僕らはもっと可能性があった。チームは僕らが攻撃することを知っていることを改めて証明した」

「ライン間のプレーのコントロールにミスがあったが、努力の末、ペドロのゴールが結果としてついてきた」

メッシとセスクにコントロール

パリスサンジェルマンの試合が終わった後、レオ・メッシとセスク・ファブレガスがアンチドーピングコントロールを行なった。

木曜日に11時から通常練習が行われる予定。


上に戻る