fcb.portal.reset.password

8-0でオサスナを制したバルサ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナがオサスナとカンプノウで最後に対戦してから、ほぼ1年半が過ぎた。11/12年の第三節であり、ペップ・グアルディオラが率いたチームは、8-0で大勝した。メッシのハットトリック、ビジャの2ゴール、更にセスクとチャビイ以外に相手のオウンゴールもあり、 1978/79年にラヨを相手に9-0で勝利を収めて以来の歴史上、二番目の大量得点を得ての勝利だった。

これだけの結果を出して勝利をあげたものの、オサスナはここ数年、カンプノウで闘志をむき出しにして、プレーしている。2010/11年には、レオ・メッシが88分にゴールを決めて、2-0で辛勝し、その1年前には試合終了まで跡、15分という時になり、イブラとボジャンが決めたゴールでようやく勝利を手にした。,

オサスナがあげた最後の勝利

リーグ戦で、オサスナはたった四回しかカンプノウで勝利をあげたことはない。最後に勝ったのは、2008/09年で、トップチームを率いるグアルディオラの最初の敗戦だった。バルサはパンディアーニのゴールで0‐1で負けた。もっとも、その時期に既に国王杯及びリーグ戦優勝を決めていたバルサにとって、影響は全くなかった。


試合ごとに2ゴール以上

オサスナとの対戦でバルサは、ホームでは26勝4分4敗の結果を得ている。また、今季、 バルサは92ゴールを決めており、1試合につき、2,7ゴール平均をマークしており、失点も16のみという数字を出している。

上に戻る