fcb.portal.reset.password

Neymar celebra la victòria contra Mèxic. FOTO: www.flickr.com/photos/neymaroficial

最近、バルサが獲得したばかりのネイマール・ダ・シルバは、再び、水曜日の夜、コンフェデレーション杯の第二戦で、精彩を放った。

ブラジルは、2-0でメキシコに完勝した。 バルサの '10番' が  'カナリア軍団' の先制点を決めた主役であり、その左足で予測不可能なシュートを繰り出した。二点目は、スペクタクルなジグザグでメキシコのディフェンダー二人を抜き、ジョーに決定的なアシストを送ってみせた。

また、この二回の決定的なプレーだけでなく、ネイマールはあらゆるテクニックを駆使し、多彩な攻撃オプションを提供し、そのスピードで相手のバランスを何度となく崩し(正確には6回、ドリブルで相手を抜き去った)、文字通り、ブラジルの攻撃の中心となった。こういった全てを含め、バルサのクラックは、試合で最も価値ある選手に選ばれた。日本を前に見事なゴールを決めて、デビュー戦でも選ばれたMVPに再び、輝いた。

マスコミも絶賛

  ネイマールの活躍にマスコミも翌日の各紙面を通し、世界のあちこちから絶賛の声が届いた。例えば、木曜日のイタリアのスポーツ紙 'ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト' デジタル版は、"ネイマール、メキシコとの対戦であらたなスペクタクルプレー"。 "ネイマールが本を開いた"と2-0にしたプレーを表現したのは、ポルトガルのスポーツ紙 'ア・ボラ ' だ。

  一方で、ブラジルのメディアは、自国代表の勝利とネイマールの活躍も、数々の町で起きているストライキにかき消される傾向にあるが、それにもかかわらず、表紙にネイマールを見つけるのは困難ではなかった。"アタッカーがブラジルのフィエスタを先導"と名付けたのは、  'コレイウ・ブラジレンセ' だ。 スポーツ紙 'ランス' は "国の両腕"と独特な表現を使った。

国にコミットメント

メキシコとの対戦前に、ネイマールはソーシャルレッドを通して、ブラジルで起きている問題についてコメントした。 「現在、ブラジルで起きている全てを残念に思っている。より良い交通網や健康、教育、治安条件を向上させるために、‘ストリートを占拠する’ような必要がないように、と僕は常に信じて来た。この全ては、政府が果たさなければならない義務だ・・・」と表現し 「僕はブラジルに住んでいる家族と友人がいるんだ!だからこそ、僕はもっと公正で、もっと治安がよく、もっと健康で正直なブラジルであって欲しい!」と声をあげた。

  メキシコとの対戦を終えた後、ネイマール自身が新たなメッセージを送ったが、それは前回に比べ、朗らかな内容となった。

ロナウド、ゲルト・ミュラーと並ぶ

コンフェデレーション杯の2ゴール目をマークし、ネイマールはブラジル代表と共に今季、14ゴール目をマークした。これで、ロナウド・ナザリオとゲルト・ミュラーの記録に並んだ。、

上に戻る