fcb.portal.reset.password

Messi i Neymar, a la final del Mundial de Clubs de la temporada passada / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FC バルセロナは、サントスFC及びネイマール・ダ・シルバ・サントス・ジュニオルが来季から5シーズン、クラブに在籍することで、基本的合意を得た。

ネイマール・ダ・シルバ・サントス・ジュニオールは、 21歳の若さながら、世界中で最もポテンシャルの高い選手の一人だ。スピードを持ち、才能にあふれている彼は、そのスキルにより相手のバランスを崩し、尚且つ、得点能力が高いという特徴を持つ選手だ。サン・パウロ出身の彼は、攻撃ポジションでは、センターにも適応できるし、サイド攻撃でも際立っている。ドリブルにも、シュートにも、両足を使うことができる。

ペレからのお墨付き

あらゆる特性を手にし、尚且つ、ブラジルに生まれ、サントスで育てられたとあって、ネイマールは多くの点でペレと比較の対象にされる。二人とも、お互いへの敬意を隠すことがなく、当時の'O'Rei'(オ・レイ、「王様」の意で、ペレの愛称)のように、ネイマールはサントスでリーダーとして統率し(2009年にデビュー)、ブラジル代表でも中心的選手だ。ネイマールはホーム(自国)で行われる2014年のワールドカップに向けての期待の星だ。

認められている実力

ペレと比較で同等に並ぶのは、容易なことではないが、その若さにも関わらず、ネイマールの実力は既に多くの形で認められている。ネイマールは、FIFAバロンドールに2012年、2013年にノミネートされており、また、年間を通して最高のゴールに送られるプシュカス賞にも、2010年、2011年、2012年にノミネートされている。  また、2011年、南アフリカワールドカップで最年少でベストプレーヤーを受賞した。ネイマールと共に、サントスは再び、その権威を取り戻した。ネイマールと共にサントスは、最近、三年間のパウリスタトーナメントを制覇し、2011年のリベルタドーレス杯を獲得し、‘11番’は、ベストプレーヤーにも選ばれた。

2011年ワールドカップ

サントスは、クラブワールドカップにも三かしているが、そこでネイマールは、準決勝で美しいゴールをマークした。しかし、残りの選手らは、決勝でのバルサのプレーを崩すことができなかった。バルサは、グアルディオラが率いた時代のベストゲームの一つをクラブワールドカップで魅せて、サントスを4-0で堂々と制した。ネイマールは、メッシとチャビに次いでブロンズ賞を受賞した。

ネイマール本人も、Twitterとインスタグラムを通して、説明した。 :

上に戻る