fcb.portal.reset.password

PSG戦終了後のメッシ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

レオ・メッシ は、今朝、右足のハムストリングの負傷が再発していないかどうか、複数の検査を行なったが、その結果、 怪我の状態の悪化は全く見られないと確認できた。 メッシは、規定通りにリハビリを続け、その回復次第で、今後の試合参戦が決まることになる。

PSG戦で33分間

メッシは、チャンピオンズリーグ準々決勝第一レグのPSGとの対戦で、右足のハムストリングを負傷した。その後、8日間の間、メッシはティト・ビラノバの率いるカンプノウでの第二レグの試合に間に合うように、リハビリを続けていた。せめて、数分だけでも、と考えていたように、実際、今週の水曜日に試合の61分に、バルサの‘10番’は、セスク・ファブレガスに代わってピッチに立った。それから、ピッチで33分間プレーし続け、ペドロがバルサに同点弾をマークしたプレーに貢献した。

上に戻る