fcb.portal.reset.password

Leo Messi, aquesta tarda al Vicente Calderón / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

 レオ・メッシ は、試合中に右足のハムストリングに抱えた違和感のために、ピッチを離れざるを得なかった。それは試合の67分の出来事であり、バルサの10番がピッチを離れた時、既に、バルサは3人の交代枠を使い切っていた。月曜日にメッシは、更に詳しい検査を行ない、その負傷の程度を調べる予定だ。試合後の記者会見で、ティト・ビラノバは、「今回の件をできるだけ、最高の状態で取り扱った。彼自身は状態がいいと感じていた。だが、こういった筋肉系の問題にはありがちだが、違和感はいきなり、戻ってくるものだ」と説明した。

アウベスとアドリアーノは念のための交代

ダニ・アウベス も、時間前にピッチを去った。アウベスは腰部に筋肉疲労を抱えており、万が一を考えて、交代した。また、アドリアーノも右足にちょっとした違和感を感じた後に、念のために交代した。

上に戻る