fcb.portal.reset.password

Messi, amb Juanjo Brau, aquest dimecres al matí. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

クラブのメディカルサービスは検査を行なった結果、レオ・メッシ の負傷について、 右足の大腿二頭筋の筋肉を傷めたことを確認し、土曜日に行われるリーグ戦は欠場し、その後の試合については、本人のリハビリの進展度を見て決めることになると発表した。

バルサの‘10番’はチャンピオンズリーグの準々決勝、PSG-バルサ戦の前半に違和感を感じ、後半から交代し、ピッチを退いた。

5年間、類似した筋肉系の負傷なし

最後にメッシが似たような足の裏の筋肉の負傷を起こしたのは、  2008年3月4日に行われたセルティック・グラスゴーとの対戦であり、チャンピオンズリーグのベスト16第二レグの試合での出来事だった。その際は、メッシはピッチから5週間離脱した。

とはいうものの、最後にレオ・メッシがハムストリングを負傷したのは、2009年11月、アスレティック・クラブとの対戦だった。左足の内転勤をの硬縮によるもので、チームから約1週間、離れ、チャンピオンズリーグの決定的な試合となるインテル戦を失ったが、バルサはその試合を2-0で制した。2011年3月29日、アルゼンチン代表で合宿していた時に、内転勤を痛めたが、その際は、バルサとの試合は1試合も失うことはなかった。

ハーフタイムでの交代は7年ぶり

メッシ は、PSG-バルサ戦で、ハーフタイムに セスク・ファブレガス に代わって退いた。メッシがはこの時間帯に交代したのは、2006年2月5日、カンプノウで行われたリーグ戦22節、アトレティコ・デ・マドリードとの対戦以来のことだった。その試合はフランク・ライハールトが率いていたが、試合の最初にフェルナンド・トーレスが決めたゴールをひっくり返すために、メッシとフアン・ボメルに代わり、後半からジュリとエスケロを投入した。

上に戻る