アノエタでのレオ・メッシ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

レオ・メッシは。土曜日にバルサのユニフォームを着て、アノエタ最初のゴールを決めたが、試合後のミックスゾーンで、レアルソシエダとの対戦 (3-2) について、[僕らは起き上がらなければならない。国王杯が待ち受けているのだから」と話し、「いつか、負ける時が来るべきだったのだから」と付け加えた。メッシが決めたゴールは、殆ど、試合を決めたかと思われたが、「選手が一人少ないのは、いつも、普通より厳しい」試合になると話し、0-2で試合をリードしていた時に、「ゴール前での決定機を生かせなかったこと」が、試合が0‐2で折り返した結果になったと話した。

その一方で、ペドロ・ロドリゲスは、ジェラルド・ピケの退場の取り消しを求め、、「レッドカードが試合を左右した」ことも認めた。彼は試合を消した非常に危険な人物」であり、"まとまな感覚でないと」と公言し、自分にとっての良しあしの差も伝えた。‘危険である’と敵を落ち着けたカナリア人選手は、それだけに限らず、「相手チームの半だを狙え!」と木曜日は決してミスは許されないと話した

バルサ選手のコメントは以下の通り:

チャビイ

「レアル・ソシエダは、いつも難しい相手だった。高い位置で僕らにプレスをかけてきて、結果を残した。3ゴール目が試合を決めたが、いつかは負けが訪れなければならなかった」

「(国王杯予選では)シュートを狙い、勝つことを祈っている。自信を持って、どんな結果でも出せるという意思のもと、マラガに行くよ」

プジョル

「前半、多くのチャンスがあった。0‐2の時もそうだった。だが、レアルソシエダが大きな役割を果たしことは、忘れてはならない」