fcb.portal.reset.password

ビルバオでの 1-2 を祝うメッシとアレクシス/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

レオ・メッシはサン・マメスで同点弾を挙げて主役になった (2-2)。メッシが58分にピッチに入ったことが、試合を変えた。8分間の間に明白なゴールチャンスをペドロにつくりだし、同点弾を創作し、その芸術作品を正面からゴールに放り込んだ。このゴールは今季、アウェーで決めた24ゴール目であり、それは今大会の新記録となる。今まで、このアウェーゴール記録は、クリスチャン・ロナウドのものであり、昨シーズン、23ゴールはアウェーで決めていた。

アウェーでの保証

とはいえ、メッシは ホームでのゴール連続記録も上書きしている。 現在まで15節連続でホームで得点しており、ダニ・グイサが2007/08年に樹立した14節連続ゴールの記録を抜いた。今季、メッシがゴールをマークしなかったのは、サンチェス・ピスチュアン (2-3) の試合と負傷により欠場したサラゴサ戦 (0-3)のみだ。 まだ、後、ビセンテ・カルデロンとコルネリャ・プラッツが残されている。

リーグ戦50ゴールまであと6得点
  メッシが決めたゴールは、バルサのリーグでの通算百ゴール目 でもあったが、同時にメッシが昨シーズン、マークした50ゴールの数字に、今季も近づける結果となった。現在、メッシは44ゴールを得点しており、残っているリーグ戦はあと5試合。5試合以内にタイ記録或いは更なる記録を作りかえることも可能だ。メッシと一緒なら、不可能はない。

上に戻る