fcb.portal.reset.password

Messi, amb la seva quarta Pilota d'Or / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

レオ・メッシが金字で書いた3部作は、ここで新たな歴史の幕を開けた。バルサの選手は、再び、チューリッヒの最も高い台に立ち、あらゆる記録を打ち破ったのだ。メッシは、クリスチャン・ロナウドとアンドレス・イニエスタと共に、ファイナリストとしての高みに上り、フアン・バステン、プラティーニ、クライフの記録を破って、誰よりも多くバロンドール を獲得したのだ。メッシは3部作からポーカーへの一歩を踏み出した。誰にも彼の限界がどこにあるのかわからない

金の三部作

レオ・メッシのゴールデンポーカーがスタートしたのは、2009年の12月1日だった。バルサのクラックは、個人賞として最も名誉あるこの賞を473点を超えて手にした。その際、競ったのは、クリスチャン・ロナウド (233) とチームメートのチャビイ・エルナンデス(170)だった。

1年後、第二章が幕をあけた。ピッチ内での彼の働きは、メッシだけでなく、バルサの選手に与えられ、その評価がバロンドールのノミネートにもつながり、2位と3位は、アンドレス・イニエスタとチャビイ・エルナンデスの二人が手にした。

三部作は、昨季に完成した。レオ・メッシは、再び、チューリッヒで与えられる金色の賞を手にしたのだった。 バルサの「10番」は、クリスチャン・ロナウドとチャビイ・エルナンデスを超えて、プラティーニと共に、3年連続で受賞する栄誉を受けた。

そして、月曜日に唯一、メッシと並び、三回連続で受賞していた ミヒャエル・プラティーニを超えて、チューリッヒにて、再び、黄金のページを刻んだのだ。

バロンドールを数多く手にした選手達

4回 : レオ・メッシ

3回 : ヨハン・クライフ、ミヒャエル・プラティーニ、マルコ・フアン・バステン

2回 : カールーヘインツ・ルメニゲ、ケビン・キーガン、フランツ・バッケンバウアー、アルフレッド・ディ・エステファノ

上に戻る