メッシとアルバ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

メスタージャでバルサがあげた貴重なドローの試合は、メッシを主役にし、興味深いデータをはじき出した。

- メッシ はリーグ戦で12節連続でゴールをマークし続けて、新記録を樹立している。

- メッシは現在まで22節消化しているリーグ戦で既に34 ゴールlをマークしており、これでロナウドが1996/97年に達成した記録と並んだ。

- バルサの '10番'は、最もバレンシア戦で多くシュートを放っている。シュート数は5回で、そのうち、3回はポストにあてている。

- メッシはバルサでの公式で300ゴール目まであと2ゴールと迫っている。現在の平均ゴール数は、1試合につき、 0,82ゴール。

- メスタージャで決めたゴールのおかげで、バルサは、リーグ戦において1年間を通して、全試合でゴールし続けている結果となった。今まで、過去40試合135ゴールをバルサは決めている。

- 最後にバルサがゴールを決められずに終わった試合は、2012年1月28日、ビジャレアルでの試合だった(0‐0)。

- ダビッド・ビジゃid  は、FCバルセロナと共に100試合目を達成。ここまでに42ゴールをマークしている。

- 2013年になってから、9試合を終え、アウベス、メッシは8試合でスタメン、セルヒオ。チャビイ、セスク、ペドロ、イニエスタが7試合でスタメン出場している。

- ジェラルド・ピケは、メスタージャで14回、最も多くボールを対戦相手から取り返した。