fcb.portal.reset.password

Messi ha reaparegut amb l'Argentina. FOTO: fifa.com

カルデロンで最後に試合に出場してから、約一か月後、ようやく医師から了承を貰った直後、レオ・メッシは、再び、今週の金曜日の夜、W杯予選のアルゼンチン―コロンビア代表戦でピッチに立った。バロンドールを四回制覇している選手は、ラスト30分間の出場を果たした。マスチェラーノがキャプテンとしてスタメン出場し、中盤でプレーしたが、ブエノスアイレスで行われた試合はスコアレスドローに終わった。

試合はテンションが高く、両者に開かれた試合となった。イグアインとサパタが25分の問題を提起するプレーの結果、退場処分になった。最後までアルゼンチンは押したが、GKオスピナのゴールを破ることはできなかった。とはいえ、アルゼンチン代表の2014年ワールドカップへの道程はあ明るい。現在、南米予選でトップを走っている。

チリの大きな勝利

一方、アレクシス・サンチェスのチリは、パラグアイを相手に1-2で勝利をおさめ、大事な勝利を勝ち取り、グループ内四位の座(ブラジルへ直接通過できる)をキープした。。バルサの‘9番’は、ロスタイムに交代させられるまで、92分間、戦った。チリの2点目に直接、関わったが、ゴールを決めたのはアルトゥーロ・ビダルだった(55分)。ハーフタイム前にバルガスは0-1をマークし、その後、ロケ・サンタ・クルスがゴールを決めたものの、勝利をあげるには不十分であり、パラグアイは1-2の結果、数的にワールドカップからの敗退が決まった。

 

上に戻る