fcb.portal.reset.password

Messi i Villa van ser protagonistes contra el Rayo

ラヨ・バジェカーノとの対戦(3-1)は、レオ・メッシとダビッド・ビジャに彩られ、ここから後、始まる代表週を心安らかに過ごせることになった。二位から勝ち点10点差をつけている首位のFCバルセロナは、ラヨを相手に再び、ゴールにあふれる試合を堪能することになった。ゴールの主役は、レオ・メッシとダビッド・ビジャソサイエティにほかならず、彼らがバルサの鍵となった。二人が決めたゴールは今季のバルサ全体の54,7% に上る

126 ゴール中の69ゴール

レオ・メッシは、55ゴールという得点を下げて、バルサの得点王ランキングのトップだ。  バルサの最多得点王というだけではなく、欧州でもそうだ。彼のこの数字に近付ける選手は全くいない。昨季、ゴールした73ゴールに着々と近づいていた。リーグ戦での記録には8ゴールと迫っている。(ここまで 42 ゴールをマークしているが、昨季の記録は50) メッシはシーズン終盤に向かって、全ての記録を破る勢いをみせている。

そのメッシの最高の女房役は、 ダビッド・ビジゃであり、彼はバルサにおけるもう一人の大事なゴールプレーヤーで、今季、14ゴールをマークし、チーム内の得点ランキングでは2位だ。彼のメリットが倍なのは、ベンチスタートが多いにもかかわらず、という要素があるからだ。ビジャとメッシで、チームが得点した126ゴールのうちの69ゴールを生産している。

9回目の偶然

ラヨ・バジェカーノ戦では、 メッシとビジャは同じ試合でゴールし、それは今季、9回目だ。 それまで二人がゴールを決めた試合は、レアル・ソシエダ戦 (5-1), ヘタフェ戦 (1-4), ラヨ戦 (0-5), ヘタフェ戦 (6-1), セビージャ戦 (2-1) 、そして  AC ミラン戦 (4-0)だ。

更に興味深いデータがある。: バルサが今季、二人の どちらも得点しなかった試合は、46戦中7試合しかない。(バレンシア、グラナダ、ベンフィカ、ベンフィカ、マドリード、ミラン、マドリード) そのうちの二戦でのみ -カンプノウでのベンフィカ戦及びミラン戦 - バルサは無得点に終わっている。

126 ゴール内訳

55 ゴール メッシ
14 ゴール ビジャ
9 ゴール セスク
7 ゴール ペドロ
6 ゴール アドリアーノ
5 ゴール テジョ、チャビ、イニエスタ、アレクシス、アルバ
3 ゴール ピケ
2 ゴール ティアゴ、プジョル
1 ゴール アウベス、ブスケッツ、ソング

上に戻る