fcb.portal.reset.password

L'any 2006 el Barça va celebrar la Lliga al camp del Celta / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

この感触はかなり、奇妙なものではあるが、 FCバルセロナはピッチに立たずしてリーグ優勝を制覇するかもしれない。 今週の水曜日、マドリードがマラガを相手にホームで黒星を喫した場合、或いは土曜日にコルネジャープラットで負けた場合、それが起こりうる。逆に、マドリードが両試合に勝った場合は、バルサはビセンテ・カルデロンで勝利を挙げることにより、リーグ優勝を手にする。

過去の事例2例

  現時点で、タイトルはFCバルセロナ次第とは言い切れない状態にある。このようなことが起きるのは、初めてではない。 1991年にヨハン・クライフが率いていたチームは、リーグ優勝四連覇を果たしたが、優勝はレアル・ソシエダのピッチで 負けを喫したアトレr彦・デ・マドリードのおかげで優勝が決まった(2-1)。 まだ、リーグ戦は4節を残しており、その前日にはバルサはカディスで4-0と試合を落としたばかりだった。

2009年にも似たようなことが起きた。リーグ戦終了まで4節を残して、マドリードは3-2でビジャレアルのホームで負けを喫し、バルサに一足早くタイトルをもたらした。バルサがマジョルカのホームで戦う前日のことだった (2-1)。

ハーフタイムにチャンピオンに
 
2006年には、リーグ優勝は、非常にシュールな状況でもたらされた。 FC バルセロナは、ハーフタイムの時点で、数字上、チャンピオンになったことを知らされたのだ。その時間にちょうど、二位だったバレンシアが試合を行なっており、マジョルカはバレンシアを制したのだった。マジョルカの勝利がバルサにリーグ優勝をもたらすことになり、 その日、バルサはセルタに試合を譲って終えた (0-1)。

今週の水曜日、或いは土曜日に、再び、同じようなケースが起きるかもしれない。22回目のリーグがバルサカラーに染まる日は、間近だ。

上に戻る