fcb.portal.reset.password

 

22回目の FCバルセロナのリーグ優勝に待ったがかかった。 90分にスサエタが決めたゴールが、バルサのビ ルバオでの優勝を阻み、タイトルを先延ばしにすることになった。サン・マメスでバルサが行なう最後の試合は、このエピソードと共に記憶に残ることになるだ ろう。激しい雨とリズムとゴールが不足することはなかった。先制点をマークしたのは、スサエタだった。追加点もマークする寸前だったが、それはポストに終 わった。後半は、逆にバルサがスコアをひっくり返した。後半になり、メッシがピッチに立った。 3分間の間にメッシとアレクシスは、逆転ゴールをマークした。が、最終的に、アンデルが試合の最後に決めたゴールで逆転ゴールの意味はなくなってしまった。

アレクシスのポスト
ビルバオのスタートは、最速スピードで始まった。ビルバオにふる激しい雨足がピッチでのプレースピードを更にあげ、バルサのスピードを宇和待合った。とはいえ、少しずつ、試合に入り込んでいったバルサは、徐々に試合のコントロールを手にしていった。 16分には、バルサのトライアングルから、アレクシスがシュートを放ったが、そのシュートはポストにはじかれた。

スサエタが先制点
 試合は、ダイナミズムを伴うものだったが、最終的にアスレティック・クラブに朗報がもたらされた。ゴールはスサエタのシューズから生まれた。アスレティックの '14番' は、アドゥリスの個人プレーを生かし、ゴールを生み出した。ハーフタイムまで、バルサは必至にトライし続けて、セスクが正面からゴールを決めようとしたが、運に恵まれずに終わった。1-0でホームが僅差リードしたまま、ハーフタイムを迎えることになった。

メッシ・レボルーション

  後半も前半に似たような流だった。 アスレティック・クラブは、更に前半より強さを見せ、2-0を決める寸前だった。正面からのファウルはゴールにならなかったが、そのクリアボールが更にサン・ホセのヘッドに当たり、そのシュートが再び、ポストに当たった。最後のビルバオからの忠告だった。

数分後に、メッシがピッチに立ち、そこにレボルーションが起きた。 一瞬の間に、メッシは明確なゴールチャンスを生み出し、ゴールを決めて試合を1-1にした。正面からの見事な個人プレーからのゴールだった。


上に戻る