fcb.portal.reset.password

カンプノウでゴールを祝うチーム / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

サッカー界で余りにもよく使うフレーズ、「最も大事な試合は、目の前にある次戦だ」が、今週末の土曜日は、最もあてはまるシチュエーションが訪れる。 FC バルセロナは、パリス・サンジェルマンを相手に決定的な試合を行なわざるを得ない状況で、その寸前にマジョルカと対峙する。バルサにとってのリスクは、マジョルカ戦に全ての注意を集中できないという事実だけではなく、マジョルカが現在、最下位から二番目のポジションにおり、2部Aに降格しないためには、是が非でも勝ち点を必要としているというその飢餓感があることもある。

顔ぶれを変えてのイレブン

バルサにとって難しいのは、試合に集中することが難しいという状況だけではない。それに加えて、チームはマジョルカ戦を四人もの主力選手を欠くというデメリットを抱えている。その主力4人とは、バルデス、マスチェラーノ、プジョル、メッシだ。また、それにアドリアーノとペドロが出場できるか微妙な状況にあることを付け加える必要がある。二人は、いまだ、最近の招集リストに入っていず、医師からの了承も出ていない。

これだけ、処分による欠場、負傷欠場を抱えて、なおかつ、水曜日の試合と先週の火曜日の試合を思えば、 ビラノバとロウラが顔ぶれを変えて、通常と異なるスタメンに賭ける可能性はかなり、ある。 余りにも、披露が重なっているため、通常、ベンチを温めている選手が出場する可能性はある。また、招集リストには、バルサBのオイエル、デウロフェウi.も入った。試合は、センターバックをテストするのにも役立つだろう。現在、PSG戦を前にセンターバックで起用が決まっているのは、ピケのみだ。.

マジョルカ、勝ち点の必要性は最大

マジョルカにとって、バルサを今夜、乗り越えることは、最終にして最大の難関だ。数週間前から、グレゴリオ・マンサーのが率いているマジョルカは、これ以上はわずかなミスも許されないという時期に来ている。ランキングで最下位から二位であり、先週、最下位のチーム(デポルティーボ)を相手にホームで負けを喫した(2-3)。マジョルカは、あと、勝ち点3点で、残留が決まる位置にある。ちなみに、マジョルカには、三人の元FCバルセロナの選手がいる。それが、ミニョ、フォンタス、ジョバンニ・ドス・サントス の3人だ。

上に戻る