fcb.portal.reset.password

Javier Mascherano, titular avui contra el Valladolid / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ハビエル・マスチェラーノは、膝の負傷で6週間ほど、離脱した後、再び、戻ってきた。 「正直、この6週間は、僕にとって本当にきついものだった。負傷するのは、いつだって悲しくきついものだが、僕が負傷した時、チームは本当にシーズンの大事な時期を迎えていたから、とりわけ、つらかった」 とマスチェラーノは告白した。

リーグ制覇に幸せ

バルサの"14"番は、バルサのメンバーにとってもハードなシーズンだっただけに、他のチームメート同様、このリーグ優勝に重きを置いた。 「このリーグタイトルは、シーズンの最初から手に入れようと思っていたものだった。それを良いシーズンを過ごして手に入れることができた。もっといいシーズンにできたかもしれない。それは確かだが、これを手に入れられたことで、僕らは満足すべきだlと話し、更に「チームはコンスタントにすごく多くの勝ち点を手にしてきた。それがリーグ戦が終わる4節前に僕らを優勝に導いたんだ」と付け加えた。

記録的祝勝

今回のリーグ優勝は、殆ど1週間、祝い続けている。それについて、タイトルを獲得することの困難さを話すマスチェラーノは、それだけ、祝う必要もあると話した。「リーグ優勝は、祝われるべきだよ。次にいつリーグ優勝のタイトルを獲得できるかはわからない。それぞれのタイトルを大きく岩井、思いっきり楽しみ、最後に残った2試合をできるだけ、いい形で終えることだ」とコメントした。

最後に勝ち点100点を手にするオプションがあることについて、その目標に驚くことはないとマスチェラーノは冷静だった。「それを達成するまで後、2勝に迫っている。休暇に出るのに最高な形は、あと2勝してから出かけることだ。でも、記録にこだわりすぎることはしない。目的はリーグ優勝だったのだし、僕らはそれを達成したのだから」と話した。

試合後のペドロ・ロドリゲス、コメント

「勝利を手にするのは、いいことだ。人々のためにも勝って、良いイメージを与えたかった」

「残り、2試合を今日のように楽しみたい。それでもし勝ち点100を手にすることができるようなら、そうしたい」

「今日のゴールは僕にとってとても大事なものだった。ブライアン(息子)に多くの愛情と共に捧げたよ」

「勝利は、タイトルを祝って1週間を終えるのにベストな方法だった。僕らはほかのどのチームでもやるように、思い切り、祝った。世界中の誰もがやるのと一緒だよ」

上に戻る