fcb.portal.reset.password

ムニエサ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ロサレダでの勝利(1-3)から12時間後、バルサは再び、顔を合わせるマラガとの対戦に向けて、準備を始めた。今回は、カンプノウでの国王杯、準々決勝となる(水曜日、 21時30分) 月曜日のスタメンはシウダ・デポルティーバで試合後の調整練習を行ない、バルサBのオイエルとエスピノサは、高いリズムでの練習を行なった。ダビッド・ビジャは、ジム練習を行なった。

新しいニュースは、グループ練習にマルク・ムニエサの顔があったことだ。 バルサのセンターバックは、昨年の7月31日にラモン・クガット医師とリカルド・プルナ医師により、関節鏡検査の結果、右膝の十字靭帯切断が認められたため、手術を受けていたが、月曜日にリハビリに向けての第一歩を踏み出した。

上に戻る