fcb.portal.reset.password

記者会見でのロウラ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ジョルディ・ロウラは、リーグ戦4位でバルサを脅かす存在のマラガと今週の日曜日、ロサレダで対戦する危険性について話した。 「マラガが今年の夏、経済問題を抱えたいたことは確かだが、それを感じさせなかった。今季、マヌエル・ペレグリーノの手で、素晴らしいキャンペーンを張っている。非常に難解なライバルになるだろう」と記者会見で話した。

ビラノバ : 「彼がいる時、常にその存在感は明らかだ」

第二監督は、ティト・ビラノバがロサレダのベンチにいることも公言した、「ティトはとても強いし、元気にしている。彼がいる時、常にその存在感は明らかだ。彼が第一監督であり、彼がいるだけで、全員が元気づけられる。いてくれることが大事だ」と話した。

少ない欠場選手 「嬉しい悩み」

ロウラは、マラガでビジャが欠場することを惜しんだ。「違和感を感じたため、コルドバ戦の最後の数分を、念のため、プレーしなかった。どうなるか様子を見ていたが、今日、再び、違和感を感じたので、とりあえず、欠場となった」と説明したロウラは、そうはいってもチームに欠場者が殆どいないことを強調した。「殆ど、チーム全員を数に数えられるのだから、これは素晴らしいニュースだ。あらゆる監督が手にしたい嬉しい悩みだ」

記者会見を終えるにあたり、ロウラは、トップチームでデビューして5周年を迎えるペドロについてもコメントした。「彼は、カンテラの中でも、最も著しい成長を見せた選手の一人だと思う。正直言って、素直に素晴らしい。残りのカンテラの選手にとっても、手本になるべき選手だと思う」と話した。

上に戻る