fcb.portal.reset.password

L'Almeria celebra un dels gols contra el Girona (3-0). FOTO: www.udalmeriasad.com

2013/14年の1部で戦う全チームが出そろった。 最後に1部昇格が決まったのは、アルメリアであり、ジローナを相手にプレーオフの決勝を戦い、勝利を収めた。 アルメリアは2部で2年間、過ごした後、1部に復帰する。

逆に、来季、降格したために、1部から姿を消すのは、デポルティーボ、マジョルカ、サラゴサだ。 その代りに昇格するのは エルチェ、ビジャレアル、アルメリアに決まった。

アルメリアの監督は、ハビ・ガルシアソリアーノやコロナといった選手を抱えており、他にもアレイス・ビダル や元バルサの選手、イアゴ・ファルケなどを抱えている。だが、今季を通して、最もセンセーションを巻き起こしたのは、ブラジル人FWのカルロス・ディアスで、32ゴールを決めて2部で得点王となった。

バルサには勝てず
アルメリアは歴史的にバルサにとってはありがたいライバルであり、クラブ名を変える前のアグルパシオン・デポルティーバ・アルメリア (1971-82) と呼ばれていた時代から、ウニオン・デポルティバ(1989)に名前を変え、総計、過去に12試合、リーグ戦で対戦しているが、バルサの9勝3分けの成績に終わっている。バルサが39得点をマークしており、アルメリアは8ゴールの結果に終わっている。

上に戻る