fcb.portal.reset.password

ベルナベウでのジョルディ・ロウラ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

「これはリーグ戦だ。勝ち点差で16点差をつけていたが、私達はマドリードと更に点差を広げる意図でやってきた」とジョルディ・ロウラはサンティアゴ・デ・ベルナベウの記者会見場で認めた。いったん、クラシコが終わった今、ロウラは、「ベルナベウでのチームの態度に満足しなければならない。私達は勝ち点差を広げられるチャンスがあった。私達はかなりハードな1週間を超えて来た。このスタジアムで戦うのは常に難しいが、チームはよく頑張ったし、最後まであきらめることがなかった。とはいえ、結果が最終的にものをいうのも、確かだ」とロウラは繰り返した。

ジョルディ・ロウラは、「この数週間、私達はテンションの高さを強いられる難しい試合をこなしてきており、休息する時間も殆どなかった。だが、だからといってフィジカル的な問題があるとは思わない。結果がこうであっても、チームは勝ち点を増やせる可能性があった」と米のtした。

「私達は、支配しようとしていた」

「私達は、対戦相手から常にコントロールを奪い、試合を支配しようとしていたし、実際、そうだった時間がだいぶあったと思う。試合が途中で終わることは避けたかったが、試合の最初の部分で、私達はディフェンス面で脆さがあったのかもしれない。マドリードが通沖で出てくる時、彼らは本当に危険なチームだから」とロウラは付け加え、また、バルサはボールポセッションを多く手にしたものの、逆にそのために「レアルマドリードは自分がミスを犯すとそれを生かしてプレーする。だからこそ、支配するのは大事だった」と話した。

最後に、クラシコの試合終了前に、アドリアーノに犯したPKについてきかれると、FCバルセロナの第二監督は、「映像を見れば、それは明らかだし、十分、それ自体が事実を語っている」と話すにとどめた。

上に戻る