fcb.portal.reset.password

Gerard Piqué, aquest dimarts, a la sala de premsa de la Ciutat Esportiva / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

バルサの選手達は、決してギブアップしない。今週の水曜日のバイエルンとの対戦が厳しいのは、わかっている、だが、 試合中、進出できる可能性があると感じながらプレーする。 「チームは100%信じている。この信念があれば、可能だ。 日にちが経つにつれて、メッセージはポジティブになっている。サッカーにも、精神的打撃はあるから」とその理由を説明したジェラルド・ピケは、「これを可能にするチームとそのクオリティが僕らにはある」と付け加えた。

FCバルセロナのセンターバックは、 "今までになく最高のカンプノウ"に期待をかける。" 結果から、信じるのは難しいとわかっている。でも、水曜日は子供のように無邪気に信じて、常識を捨てる日だ。 もし、このメンタリティをもってすれば、僕らは達成できるかもしれない。常識がとても難しいと僕らに囁いてもだ」とコメントした。

早い時間にゴールを決めるのが鍵

"バイエルンを相手に4-0の結果をひっくり返せるチームがあるとしたら、その唯一のチームがこのバルサだ。 僕らのスタイルを守って、もう、敗退しているなどと決して感じてはならない。 早い時間にゴールを決めれば、それは僕らの自信につながる」とピケは話し、「僕らは、この長い歴史を持ったクラブの一員なんだ。できるだけ、高い位置にクラブをもっていく」と語った。

早い時間にゴールを決めて、失点を許さない。 これがピケの考える方程式だ。ピケいわく、「ピッチを広く使って、ボールを手にして、スピーディに回す」 ことがカギになる。「僕らは非常に攻撃的にいかなければならない。サイドバックも上がらなければならない。メッシは試合中、常に参戦していかなければならない。FWはみんな決定的な働きをしなければならない。中盤はより多くのスペースを真ん中に生み出さなければならない」とピケは、注文を出した。

ファンのために勝つ

また、ピケはエリア近くであまりFKの機会を与えず、また、バイエルンの空中プレーによるメリットを最小限に抑えるために、CKはできるだけ避けることが大事だと認めた。ピケは、 「僕らは僕ら自身のメリットで勝ちたい。また、いつも、僕らの側にいてくれるファンのためにも勝ちたい。人々はこのチームに対して、感謝の気持ちを示してくれた。僕らは水曜日にいい試合をすることでその気持ちに答えたい」とサポーターへもメッセージを送った。

「多くの要素がからんでいることはわかっているし、僕らは運に恵まれないかもしれない。でも、何が起きてもおかしくない」ウエンブレイの決勝に向けて、そこにいる可能性は否定できないと力強く語った。

上に戻る