fcb.portal.reset.password

ipad用FCBライブからのメッシ画像

5-1 でオサスナを制したバルサは、数多くのデータとトリビアを記録した。

• バルサは、カンプノウで対戦したオサスナを相手に13得点をマークしている。1年前にオサスナがやってきたときの結果は、8-0だった。

• オサスナのキーパー、アンドレス・フェルナンデスは、リーグ戦では26ゴールしか失点していないが、そのうちの6点はメッシに決められている。

• ビジャは、2011年11月29日のバルサーラヨ戦以来、リーグ戦でフル出場を果たしていなかった。今季、フル出場辞退は、ベンフィカ戦(チャンピオンズリーグ)、コルドバ戦(国王杯)で果たしている。

• ティアゴのケースも似ており、昨季の37節にあたるバルサーエスパニョール戦(4-0)以来、フル出場を果たしていなかった。

• そのマシーニョの息子(ティアゴ)は、最も多くのパスを通した(130 回中、成功したパスが 119回).

• 最も多くのボールを取り返したのは、75分に交代させられたブスケッツで14回。

• ブスケッツはまたボールをクリアした数でも、ランキングトップだ。ブスケッツが20回、それに続くのはプジョルの18回。

メッシは、11節連続でゴールを決めている。 次の日曜日、バレンシアでその記録を更に更新する可能性がある。l

• ペドロは3試合連続でゴールを決めており、その記録を手にするのは、2011年1月末以来。レアル・ソシエダ(3-2)、マラガ (2-4)、オサスナ (5-1)戦で連続ゴール。

上に戻る