fcb.portal.reset.password

Iniesta, a la roda de premsa d'aquest dijous. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

アリアンス・アレナでの痛みを伴う敗戦について、アンドレス・イニエスタが、記者会見場で、自らの分析を落ち着いて、ゆっくりと、冷静にそして誠実に行なってみせた。「あらゆる意味で、僕らを超えられた。試合に臨む態度が不足していたわけではない。ただ単に彼らは今、絶好調の時を迎えていて、僕らより上だったということだ」。バルサの‘8番’にとっては、その現在、勢いに乗っている彼らのコンディションが良かったことが鍵だったという。バイエルンとボルシアは、両者ともテクニカル面でも、フィジカル面でも絶好調だ。その高みの絶頂にいれば、相手のライバルを軽々と越えられる。そういうものだよ」。

イニエスタは、ミュンヘンでの4-0の後、「チームへの扱いは、とても不公平だと感じている」ことも述べた。 「僕らは、最近5年間の間に、チャンピオンズリーグを二回制覇して、準決勝に3回進出している。それに四回のリーグ優勝、スーパーカップ・・・とんでもないサイクルを過ごしてきたんだよ!」その意味では、まだサイクルは続くとみている。 「全てを制覇するために、何年も戦い続けてきているんだ。僕にとって、サイクルの終焉は、長い間、無冠で過ごすことになった時のことだ。僕らはこのチームが敬意を受けるのに値することを十分なことをやり遂げてきたと思う」とコメントした。

この‘殆ど不可能’なオプションに、少しでも逆転が近い状況になるようにトライしなければならない

第二レグに向かって

この状態になった来た今、 イニエスタはバルサがカンプノウで立ち向かわなければならないと明言した。「僕らは試合ごとに全力を尽くさなければならない。この‘殆ど不可能’なオプションに、少しでも逆転が近い状況になるようにトライしなければならない」また、更に「僕らが5得点入れてやるとは言わないが、チームがまるで決勝であるかのように戦うことは確かだ。僕らは彼らに近付けるオプションはあると思っている」と話し、 「もう、これ以上、失うものはないという時に、時には誰も想像していないことが起きることもある。僕らは最後まで戦わなければならない。もしも、負けたとしても、全力を尽くして倒れるよ」と付け加えた。

チップを切り替えて

  とはいえ、その前にサン・マメスでの決定的な試合が待っている。それだけにイニエスタは、「起き上がってリーグに向かうしかない」と話し、続けた。「チャンピオンズリーグの試合の後、チップとメンタリティを切り替えて、ビルバオに勝ちにいかなければならない。リーグ優勝を目の前にもってくるために」 . なぜなら、ライバルはタフだとわかっているからだ。「アスレティックは僕らを追い詰めてくるだろう。ここ数年の経験から、試合はテンションが高く、フィジカルを要求されるものになるだろう」と分析した。

また、同時に国内リーグに最大の価値を与え、「ここ数年、いろんな状況があり、制覇するのに最も大変なリーグなんだ。昨年、失ったリーグを不再び、取り返すのはとても大事なことだ」と話した。「今、ここでチャンピオンズリーグをとれないからといって、良いシーズンではなかったと考えるのは間違いだ」と指摘した。

金曜日の練習

チームは 再び、今週の金曜日に練習に戻る。 ビルバオに遠征する前の16時半に集合する。その1時間前の15時半の記者会見では、ティト・ビラノバがメディア対応を行なう。

上に戻る