fcb.portal.reset.password

Presentació del partit a Tailàndia / FOTO: FCB

8月7日の舞台になるスタジアム

Una altra imatge de la presentació del partit a Tailàndia / FOTO: FCB

バルサのアジアツアー2番目の対戦相手は、タイ代表になる。金曜日にバンコクにてこの発表が行われた。 クラブのジェネラルディレクター、アントニ・ロソイッチがタイの首都で、8月7日に国立スタジアムで行われる このイベント発表会に参加した。その後、ティト・ビラノバのチームは、クアラルンプールで親善試合を行なう予定だ。


バルサがタイで試合を行なうのは、2回目で2002年以来のことになる。2002年には、バルサはバンコクまで移動し、5月29日にバック・テロ・オールスターズ(0-0)と親善試合を行なった。それが2001/02年最後の試合になった。当時、カルラス・レシャックが率いていたバルサは、最終的にPK戦で試合を制した(3-4)。当時のチームには、レイナ、アベラルド、フランク・デ・ブール、コクー、サビオラなどがプレーしていた。

その試合は、ラジャマンガラ国際スタジアムで行なわれたが、今夏、バルサを迎えるのも同じスタジアムだ。49722名の観客を収容することができ、通常、タイ代表がプレーする際に使用されるスタジアムだ。また、同国のビッグ・バン・チュラユナイテッドがホームスタジアムとして使用している。タイで最も大きいサッカースタジアムで1998年 にアジアオリンピック用に作られた。

5月11日以降に、同試合のチケットは発売になる。販売は、タイチケット・マスターを通じて行われる。

 

上に戻る