fcb.portal.reset.password

2010/11年のリーグ優勝 / FOTO: ARXIU FCB

FC バルセロナはこの21世紀を支配し続けている。 2000年から今までの間、クラブは 6回に渡って優勝カップを持ち上げ続けている。それに続くのがマドリード (5)、 バレンシア (2) 、デポルティーボ (1)だ。 近年は特にその傾向が強く、2008/09年から4回に渡ってリーグ優勝を制覇している。

4リーグ制覇の数字

2008/09年、ペップ・グアルディオラとティト・ビラノバをベンチに、バルサは勝ち点数87点を手にチャンピオンになった(27勝6分け5敗)。 翌年は、 勝ち点を99に伸ばしてリーグ優勝 (31勝6分け1敗)を果たし、 2011/12年には、 96の勝ち点を手にリーグ優勝3連覇を達成した (30勝6分け2敗)。 その後、昨シーズンはマドリードがチャンピオンになったが、バルサはリーグを奪回した。リーグ戦の終了まで、 後、4節を残して  ティト・ビラノバの率いるチームは、勝ち点88点を手にリーグ優勝を達成した(28勝4分け2敗)。

奪回

  バルサはマドリードが手にしたリーグ優勝を1年後、再び、取り戻した。 連続優勝を除いては、バルサがリーグ優勝を1年で奪回したのは、初めてのことだ。

  それまでの3回とも、バルサはリーグ優勝を奪回するまで、少なくとも2年間を必要としていた。(1944/45年から1947/48年、 1948/49年から 1951/52年、2005/06年から2008 / 09年)

上に戻る