fcb.portal.reset.password

Dani Alves, saludant a la sortida del Vicente Calderón / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサのサイドバック、 ダニ・アウベス は、試合中に負傷ー腰部の筋肉疲労ーし、ピッチを去ったものの、カルデロンを非常に満足した状態で去った。アウベスは最初からのリーグ戦を制覇するメリットを説き、一度、手に入れてからはそれを改めて繰り返した。以下、アウベスその他選手の試合後のコメントを紹介する。

ダニ・アウベス

「とても満足している。リーグは長かったが、僕らは優勝を手に入れた。この重要性は大きいだけに、大きく言わなければならない」

「もし、リーグ優勝が簡単に手に入るなら、昨年だって僕らが逃したりすることはなかった」

「アビダルとティトが戻ってきたときのことをすごくよく覚えている。今年はとてもスペシャルな年だった。なぜなら僕らは優勝カップ以上のものを手にしたからだ。僕らはアビとティトと共に、命の戦いを制したのだ。このリーグは彼らと彼らと共に苦しんだ全ての人のためのものだ」

最初の目的はリーグ優勝することだった。いったん、達成したからにはできる限りの勝ち点をあげて、記録を作ることができるかもしれない。僕らは素晴らしいチームを手にしている。目標を超えたいと思っている」

イニエスタ

「大きなチャンスがない互角の実力同士の試合だった。でも、最後には僕らは逆転できて、勝ち点3を手に入れることができた。今日、何より大事なことは僕らがチャンピオンだということだ」

「このようにリーグを制覇することは、ほかとは違う。でも、僕らはすごく幸せだ。僕らを応援してくれた人々と祝う瞬間だ」

「リーグ記録を達成することは考えていない。前の前にある試合に、勝ちたいという同じ欲求で向かっている。それが僕らの目標だ。ただ、チャンピオンになりたかっただけだ」

ピケ

「僕らは素晴らしいリーグを過ごした。殆ど10点満点に近い。国王杯とチャンピオンズリーグの決勝も間近だった」

「今年はハードな年だった。だからこそ、盛大に祝いたい。僕らはリーグの中で最高のクラブだ」

アレクシス

「試合に勝って僕は満足している。それにこれは僕の最初のリーグ優勝だ。すごく感動している」

「今季、僕らはすごく特別な瞬間を過ごしてきた。例えば、アビダルとティトのことを思う時、それは僕らの胸をいっぱいにする」

「今日のゴールは、僕のお母さんに捧げた。今日、チリは母の日だし、6月14日は母の誕生日だから」

「いい感じでシーズンを終えることができた。どう始めるのかが大事なんじゃない。どう終わるかだ。今の僕らの目標は、残りの試合を全焼することだ」

セスク

「このタイトルに満足している。すごく誇りに思うし、僕にとっては夢だった。僕にとって本当にスペシャルなものだ。クラブレベルで僕が手にしたタイトルの中で最も重要なものだ」

「もしも、マドリードにオプションを与えていたら、もっと苦しまされたことだろう。でも、全てはいつか終わる。僕らは勝った。これが勝利の鍵だったと思う」

「リーグ戦では多く参戦できて、すごく満足している。多くのプレー時間があった。僕はもっと向上しなければならないし、一度、シーズンが終わった今、自省が必要だ。でも、僕は若いし、できると思っている」

上に戻る