fcb.portal.reset.password

 

FC バルセロナは、トータルチャンピオンだ。今季、2012/13年は、ティト・ビラノバだけでなく、バルサ女子を率いたチャビ・ジョレンツのチームも強敵を倒し、リーグ優勝を果たした。 サッカー男子と女子が同シーズンにリーグ優勝を果たしたのは、史上初だ。

チャンピオンのトリビア
  トップチームの今季の働きは、非のつけようがない。シーズン初節から、最後まで首位のポジションをキープし続け、ライバルに全く隙を与えなかった。女子の場合は、逆にその気力と根性を見せつけた。シーズンを通して、ずっとライバルの支配下に置かれつつ、優勝カップを持ち上げるためには、サン・マメスで勝利を挙げなければならない状況に追い込まれたが、リーグ戦最終節のその試合で、それをやってのけたのだった。最終節にようやく、首位の座を手にしたのだった。

ピッチ上には、両チームとも ゴール前では決定的なクラックを抱えている。レオ・メッシは、今季、三度目のリーグ最多得点王になる予定であり、女子リーグの1部の最多得点王は、21ゴールをマークしたソニア・ベルムデスだった。

両チームの成績は、そのまま、監督が成功した証だ。チャビ・ジョレンツと選手らは、24勝4分け2敗の成績をあげ、ティト・ビラノバのチームは29勝4分2敗の成績を上げた。ティトの場合は、まだ最終節まで後、3節を残している。

ホームで圧倒的な強さを誇る両者

カンプノウ及びシウダ・デポルティーバでは、両チームとも、シーズンを通して、圧倒的な強さをみせることになった。メッシ、チャビ、イニエスタ、ソニア、コレデラ、ラフォルスは、常にサポーターの前では答えて見せた。ティトのチームのホームでの成績は16勝1分と圧倒的で、チャビ・ジョレンツのチームも黒星は一度だけ、引き分けも一度で、13勝をあげてシーズンを終えた。

上に戻る