fcb.portal.reset.password

L'equip celebra el 4-1 contra l'Arsenal, a la temporada 2009/10 / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、奇妙な感触を手にパリを去った。とはいえ、歴史はバルサが過去にカンプノウから離れた2-2で引き分けた場合は、8回中7回は、バルサが進出すると語っている。ここで過去の業績をあらためて検証する。

対戦相手: ロンドン代表選抜 フェリアスカップ1955/58年 決勝
  フェリアスカップが行われた最初の年の決勝は、ロンドン代表選抜対バルサ戦だった。イギリスで2-2で引き分けた後、バルサは第二戦を6-0の勝利で収めた。

対戦相手: CDNA ソフィア 欧州カップ 1959/60年 ベスト32
FC バルセロナは、 CDNA ソフィアとブルガリアで戦い、2-2に終わった。バルサにとって初めての欧州カップ参戦だった。その第二試合は6-2で試合を制した。クバラとエバリストがそれぞれ、ハットトリックを決めた。

対戦相手: レアルマドリード 欧州カップ 1960/61年 ベスト16
スアレスが2ゴールを決めて、試合を次へと持ち越した。第二戦はベルヘスとエバリストがカンプノウでゴールを決め、2-1の結果を出し、バルサを次の駒へと導いた。

対戦相手: コロン ウイナーズカップ. 1968/69年. 準決勝
バジレアの決勝は、スロバン・バティスラバが勝利をもたらしたが、バルサは最終的にコロンをカンプノウで勝利を収めた。 (ドイツで2-2、カンプノウで 4-1).
 
対戦相手: オス・バレネンセス UEFA杯. 1976/77年 予選リーグ
ポルトガルで2-2 に終わった後、バルサはカンプノウで16強に進むためのパスを手に入れた (3-2). クララスが87分に決めたゴールが延長戦を阻んだ。

対戦相手: アストンビラ UEFA杯. 1977/78年 ベスト8
バルサは、両者とも実力が類似した試合で第一戦を2-2で終えた。カンプノウで、バルサは 0-1と先制されたが、そこから結果を出し、アストンビラをUEFAから敗退させた(2-1).

対戦相手: Bayern Munich. UEFA杯. 1995/96年 準決勝
バイエルン・デ・ミュンヘンは、2-2の第一戦を収めた後に、唯一、バルサを敗退させたチームだ。カンプノウで、デ・ラ・ペニャがゴールを決めたものの、バイエルンは1-2で試合を制した

対戦相手: アーセナル チャンピオンズリーグ 2009/10年 ベスト8
この最後のケースは、現在の状況をわずかに思い起こさせるものだ。ロンドンで、アーセナルは0-2と先制したバルサに追いつき、カンプノウで試合の結果を預けた。メッシは、4ゴールを決めて勝敗をつけた (4-1) 当時、イブラヒモビッチがバルサにいて、セスクとソングはアーセナルでプレーしていた。 今では、その役割が入れ替わっている。


上に戻る