fcb.portal.reset.password

今季、サラゴサ戦でのビジャとモビージャ / FOTO: ARXIU FCB

ロマレダはバルサにとって、幸先の良いスタジアムだ。実際、FCバルセロナは、59回訪れたことのあるロマレダで21回、勝利をあげ、17回ドローを得ている。今週の日曜日、 ティト・ビラノバのチームは、サラゴサに再び、戻る。

マノロ・ヒメネスのチームは、降格寸前の状況にある。一方のバルサは、文句なく首位の位置を固めており、2位と勝ち点13点差をつけている。2位に続くのは、レアルマドリードだ。

不安の残るサラゴサ

また、サラゴサは、ここまで13試合連続で勝利をあげていない。最後に勝利をあげたのは、アスレティック・デ・ビルバオとの対戦だが、0-2で試合を制したその試合は、2012年12月12日まで遡らなければならない。

サラゴサがサン・マメスで勝利をあげてから  (0-2)、既に4か月が経過し、マノロ・ヒメネスのチームはいまだ、今年に入ってから勝利をあげていない。 とはいえ、 レアルマドリードを相手に勝ち点1点をあげている。 バルサを前にいい結果を出せれば、クラブ内の雰囲気も一変するだろう。今、最もサラゴサが必要としていることだ。

上に戻る