fcb.portal.reset.password

ルキップ紙表紙

'ルキップ'紙 が、今週の木曜日に2012年のベストイレブン を発表した。その年間ベストイレブンにFCバルセロナから4人の選手が選出された。: レオ・メッシ、アンドレス・イニエスタ、チャビイ・エルナンデス、ジョルディ・アルバ の4人だ。そのうち、最初の3人は昨年、既に選出されているが、アルバはユーロでも素晴らしい活躍を見せた後、今回、初選出された。

イレブンにはほかに、レアルマドリードからの4人の選手ーカシージャス、セルヒオ・ラモス、チャビイ・アロンソ、クリスチャン・ロナウドーほか、フィリップ・ラーム(バイエルン・デ・ミュンヘン)、コンパニー(マンチェスターシティ)、ラミレス(チェルシー)が選ばれた。

フランスからの称賛

同紙によれば、バルサとレアルマドリードが2012年の理想チームを支配したのは、「6人の選手がスペイン代表と共にヨーロッパチャンピオンの座を守り、一方、メッシとクリスチャン・ロナウドは世界最高峰の選手だから」だ。そのメッシとクリスチャン・ロナウドが今回の木曜日の表紙を飾った。

ルキップ紙は、「以前にないほどのメッシ依存症のバルサ」と考えており、メッシが年間に91ゴールをマークした記録について、もはや「スキャンダル」だと表現している。また、‘ルキップ’紙にとっては、「芸術の集合体」であるイニエスタはバロンドールを獲得する価値があるとし、パスの正確性が95%にものぼるチャビイについては「完璧に限りなく近い」と表現した。

上に戻る