再び、完璧な試合で実力を証明したアンドレス・イニエスタ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

アンドレス・イニエスタは、再び、その実力をヘタフェ戦を通してみせつけた。アレクシスの最初のゴールの素晴らしいアシストのみならず、本人が5-1のゴールを生み出した。最終的に6-1で終わった試合に多く貢献したイニエスタは、「全員がそれそれの力を出せるのはいいことだ。だが、最も大事なのは、チームが勝ち続け、いい内容のプレーを続けているということだ」とコメントした。現在、調子がいいことについて聞かれると、「シーズンによっては、殆ど全試合に出場したこともある。少なくともレベルをキープして、更に向上するように努力している」とコメントした。

時間帯は、前向きな評価

今回、正午に行なわれた試合に、85.610 人もの観客が入り、今季、四番目の観客の入りだったが、チームもこの時間帯にうまく対応し、イニエスタは「一般的に、サッカー的に素晴らしい朝になった」と評価した。

彼の素晴らしい試合は、自身のゴールで幕を閉じたが、イニエスタは、ミックスゾーンでメディアに対応し、「僕がゴールを決めるか決めないかでは、僕の幸せと関係ない。大事なのは、僕がきちんと仕事をできているかどうかを知ることだ」と、世界第三位の選手は答えた。また、試合が終わる前に、ゴールを受けたことについて、「相手も戦っている。ゴールを受けることは心配ではない」と話した。

クリスチャン・テジョ

「完璧な試合だった。僕は再び、参加できてゴールできたことに満足している」

「向上し、できる限り、貢献できるように日々、頑張っている。最初のシュートでゴールが決められて幸せだ」

「いつもは夜にプレーするのに慣れているけれど、個人的にはこの時間は気に入った」

「チームに時間帯は影響しなかった」

ジェラルド・ピケ

6ゴール目をマークしたジェラルド・ピケ

「ピッチで気持ちよくプレーできた。多くの人々がスタンドに来てくれて、素晴らしい雰囲気を生み出していた」

「また、この時間にプレーしなければならなかったら、なんの問題も僕らはないだろう」

「僕らは非常にバランスのとれたチームを手にしている。今日は、ふだん、余りプレーしていない選手もピッチに立ったが、十分、通用するレベルがあることを証明した」

「僕らには、アンドレス(イニエスタ)がいて彼を楽しむことができるのは、ラッキーだ。是非、彼を生かさなければならない」

次の練習は、水曜日の11時から

バルサのトップチームは、次の練習は水曜日の午前11時からジョアン・ガンペル練習場にて行われる。マスメディアには、最初の15分間解放される。練習後、選手の記者会見はない。