fcb.portal.reset.password

 

FC バルセロナとレアル・クラブ・セルタ・デ・ビゴは、アンドレス・フォンタスの移籍で合意した。移籍金は、百万ユーロ に選手の結果に見合った分が足される。また、FCバルセロナは、買戻しのオプションを保証し、将来の移籍権利も保有する。

ガリシアのチームで、今後、3年間プレーすることになるが、チームを率いるのは、ルイス・エンリケ・マルティネスであり、2008年から 2010年の間、バルサの下部カテゴリーにいた時の監督だ。フォンタスは、もともと、ミッドフィルダーだったが、ルイス・エンリケの元でセンターバック(左)にポジションを下げた。

バルサで6年間

  フベニルカテゴリーで獲得され(2007)、 アビダルの病気 が見つかった2011 年の最初に、アンドレウ・フォンタスは、バルサBからトップチームに昇格した。その翌シーズンは右膝に重い負傷を抱えたため、殆ど、某に振ったが、2012/13年、再び、完治した後は、もっと出場時間を増やすために、バルサはマジョルカにレンタルしていた。

23歳のフォンタスは、 マジョルカで9試合に出場したが、マジョルカは最終的に降格することになった。


上に戻る