fcb.portal.reset.password

Els dos equips, al Parc dels Prínceps. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

水曜日のバルサの対戦相手、パリス・サンジェルマンは、1970年に創設された。その比較的短い歴史を通して、バルサとPSGの唯一の公式試合はたった一度であり、それは94/95年のチャンピオンズリーグベスト8の試合だった。結果は、1-1で得点したのは、コルネイエフとウェーだった。他にもある興味深いデータをここに紹介する。

欧州大会において、3年以上、バルサはカンプノウで負けていない。最後に負けたのは、ルビン・カサンとの対戦(2009年10月20日)だった。ホームでの成績は16勝4分けだ。

- パリス・サンジェルマンにとって、準々決勝を戦うのは2度目だ。

- 最後にカンプノウを訪れたフランスのクラブは、オリンピーク・デ・リヨンであり、5-2で負けている。2008/09年のベスト16の試合だった。

- バルサはチャンピオンズリーグの準々決勝を最近、6年間連続で通過している。

- パリス・サンジェルマンは全ゴール(19)をエリア内から決めている。

- チャビ・エルナンデス は、今試合、欠場だが、にもかかわらず、今大会で最も多くパスを出し (930)、この数字は、ランキング2位よりも、パスの回数が 411回も多いことを示している。

- 59ゴールをマークしている レオ・メッシは、チャンピオンズリーグ史上、得点王ランキング2位だ。一位は、ラウル・ゴンサレスの71ゴール。

- ジョルディ・アルバ、アドリアーノ、ソング、ピケ は、累積警告を受けるまで、カード後1枚と迫っている。一方、パリス・サンジェルマンはラベッツィ、ティアゴ・シルバが累積寸前だ。 負傷しているマスチェラーノとマトゥディは、累積処分を課されている。

主審

試合をつかさどるのは、オランダ人主審のボルン・クルパーズ。過去にバルサの試合の笛を4回吹いたことがあり、バルサの成績は2勝1分1敗。

上に戻る