fcb.portal.reset.password

Thiago, Tello, Bartra, Muniesa i Montoya, amb el trofeu de campions / FOTO: AFP

スペイン U-21は、火曜日に3年間で2度目のユーロを制覇した。ここに鍵となったバルサの選手の大会における興味深いデータを紹介する。

• イスラエルでの優勝は、バルトラとテジョ、ムニエサにとってスペイン代表と手にする初タイトルとなった。

モントヤとキャプテンのティアゴにとっては、代表で3度目のタイトルになった。 U-17で2008年のユーロ、U-21で2011年のユーロを獲得している。

• 2011年、ティアゴは決勝でゴールを決めた。イタリアとの対戦だった。今週の火曜日は3ゴールを決めた。「小さい頃以来、3ゴールは決めていなかったよ」と試合後、ティアゴは記念すべきハットトリックを振り返った。

• 今回、 ティアゴはユーロU-21の決勝でハットトリックを決めた3人目の選手になった。それまでに決めていたのは、ハリホドジッチ (1978) とリトバルスキ (1982) のみだった。ティアゴのハットトリックは、完璧だった。ヘディングシュート、左足でのシュート、そして右足でPKを沈めた。

• 決勝でのティアゴのハットトリックで、ティアゴはイスコと並んで、大会最多ランキングの2位になった。ティアゴを超えたのは、モラタ (4ゴール)のみだ。

バルトラは、センターバックとして全大会を通して、たったの一度しかファウルを犯さなかった。 モントヤは5回だったが、二回のPKのうち、1回はモントヤがきっかけを作った。もう一つのPKを作り出したのは、テジョだった。

バルサの選手4人(モントヤ、バルトラ、ティアゴ、テジョ) は、スペインがユーロでプレーした5試合中4試合でスタメン出場を果たした。 バルサの選手の中では、ムニエサが最もプレー時間が少なく、グループリーグのオランダとの対戦で終盤に参戦したのみだった。

上に戻る