fcb.portal.reset.password

Imatge de l'estadi de Maracaná, en un partit anterior. FOTO: FIFA.COM

世界のベスト2を競う代表同士が決勝で対決する。2014年のワールドカップ決勝を先取りしたような対決が待ち構えている。これが両者にとって、スター選手にあふれる特別な決勝であることに違いはない。 そしてバルサは、この決勝に11人もの選手を選出しており、スペイン代表の9人、ブラジル代表の二人全員が今夜、マラカナのピッチに立つ可能性を手にしている。(00 時, Telecinco局)

苦しんだ末のファイナリスト

両代表とも、決勝までたどり着くのに当初の予想よりも苦労することになった。とちわけ、スペインの場合は、イタリアとの準決勝で、最後にPK戦でようやく決勝進出が決まることになった。スコアレスドローで試合を終えた後、30分間の延長戦を経て、PK戦では4人ものバルサの選手 (チャビ、イニエスタ、ピケ、ブスケッツ) がPKを蹴り、コンフェデレーション杯の決勝を導く助けをした。

一方、ブラジルはウルグアイを相手に、ネイマールやアウベスが互角の試合を強いられ、最終的にはフォルランがPKを失敗したのが致命的となって、勝利を手にした。フレッドがネイマールのシュートのクリアボールから、先制点を決めたが、カバニが同点に追いついた。両者とも譲らなかったが、再び、ネイマールが蹴ったCKをパウリーニョが押し込み、試合を86分に2-1にして決着をつけた。

8回の対戦

スペインとブラジルはこの長い歴史を通して8回しか、対戦したことがない。公式試合5試合、親善試合3試合だ。両者が最後に対戦したのは、14年前であり、1999年にビゴで行われた親善試合だった。スペイン代表は、グアルディオラやルイス・エンリケなどがプレーしており、試合はスコアレスドローに終わった。当時のブラジル代表では、リバウドがプレーしていた。

対戦成績はブラジル有利であり、ドローが2回、スペインの勝利が2回という結果に終わっているが、今週の日曜日にその差が新マラカナスタジアムで縮まるかもしれない。ネイマール、アウベス、イニエスタ、ピケ、チャビ、ブスケッツなど、見事な顔ぶれが決勝で顔を合わせる。

上に戻る