fcb.portal.reset.password

グラナダ戦でのゴールを祝うメッシ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナは、後半、イグハロがマークしたゴールの結果をひっくり返すべく、まずは、レオ・メッシがジョルディ・ロウタの率いるチームに2ゴールをマークして、精彩を与えて、このゴールで9戦連続を達成した。バルサは、活動的かつ決定的だったメッシに率いられながら、特に後半、完璧な試合を披露してみせて、貴重な勝ち点を得て、水曜日のサン・シロで行われるチャンピオンズリーグへの準備を整えた。

0-1 から1-0へ

グラナダは試合の最初から高い位置で攻めてきたが、バルサは、少しずつ、本来の持ち味である、ポゼッションを手に入れ始めた。とはいえ、チャンスは少なく、アレクシスが決定的なチャンスを得たものの、ゴールを決めるのに、十分なスペースを見つけられず、アレクシスにしても、残りの選手にしても、攻めの態勢になったところで、ゴールをマークする精度に欠けた

バルサが手にした最高の チャンスが、最初の得点となった。バルデスが放った別のエリアからきたボールはイグハロのシュートの前に、ゴールに収まった。その1分前に、トニョと1対1になったアレクシスがチャンスを失ったばかりだった。

メッシの出現

バルサは、攻撃的に攻め続け、その褒章は後半に訪れた。セスクが遠くから放ったシュートをトニョがクリアしたそのクリアボールをメッシが利用し、同点弾の1-1につながった。また、このゴールはメッシの公式ゴール300ゴール目であり、このゴールを決めたメッシは、ボールに走り寄った。どうしても勝利が欲しかったバルサは、更に執拗に攻め続けた。

更にメッシ

グラナダは、それを感じたのかどうか、後半はセンターラインから殆ど飛び出すことがなかった、アレクシス(最終的にテジョと交代)やペドロ(1ゴールをポストに充て、別のゴールはオフサイド判定を受けた)が何度となくゴールを攻めたが、‘10番’のメッシが再び、 1-2の主役となった。正面から蹴ったFKを正面からゴールに突き刺した。

好意的なスコアになった今、イニエスタがピッチに立った。テジョは、明白なゴールチャンスを逃したが、それが大きなツケを払うことになるかと思われた。なぜなら、ブラヒミが殆ど同点弾を決めかけたからだ。だが、バルデスの決定的なセーブがバルサの勝ち点3を死守した。最後に少し、驚かされたものの、チームは水曜日にサン・シロで戦う準備ができていることを証明したのだった。

上に戻る