fcb.portal.reset.password

Eufòria contra el Milan. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサはリーグ戦でラヨを迎えるが、この試合には落とし穴が隠されている。火曜日に、チャンピオンズリーグにおいてミランとの対戦で輝かしい勝利を挙げたために、今試合でのテンションが下がるリスクも抱えており、チームはフィジカル的に大きな努力を強いられたという条件も抱えている。 ここで、その状況を超えて勝利をあげることができれば、この後の2週間をかなり、落ち着いて過ごすことができるだろう。リーグ戦が止まり、代表週に入るためだ。現在、バルサは、2位のレアルマドリードと勝ち点10点差をつけて首位を走っている。

プジョルもチャビも不在

この試合で ティト・ビラノバとジョルディ・ロウラは、3人の重要な選手を数に数えることができない。キャプテンのカルラス・プジョル、チャビ・エルナンデス、ビクトル・バルデスだ。プジョルは、右膝の関節鏡検査手術を行ない、チャビは大腿二頭筋のハムストリングの違和感を引きずっており、バルデスは警告処分による欠場だ。招集リストに入った選手は21人、マルク・バルトラが医師からの了承を受け、再び、招集入りした。また、オイエル・オラサバルがピントの代理を務める。

バルサの ホームでの強さは圧倒的で、カンプノウで行われたリーグ戦の試合は、13戦中12勝1分け、44ゴール10失点の成績を誇っている。

1部残留をほぼ決めているラヨ
一方のラヨ・バジェカーノは、1部での残留を殆どポケットにおさめて、カンプノウにやってくる。手にしている勝ち点は41点で現在8位だ。残留のみならず、ヨーロッパ入りも夢見ている。 パコ・ヒメネス監督は、強気のサッカーと結果を出すというコンビネーションを作り上げた。今となっては、状況によって、ラヨが3バックで構え、ボールを支配しようとしても、驚くものはいない。

バルサと同様に、ラヨも3人の重要な選手がそれぞれのラインで欠けた状態で試合に臨まなければならない。サイドバックのカサド、中盤のハビ・フエゴ、FWレオ・バプティスタオが累積警告で欠場する。

上に戻る