fcb.portal.reset.password

Messi, Alexis i Iniesta celebren un gol / FOTO: ARXIU FCB

今年も再び、FCバルセロナはほぼ全ての試合に参戦した。ティト・ビラノバの率いるチームは、プレーできる可能性がある62試合中60試合を戦った。唯一、参戦できなかったのは、国王杯とチャンピオンズリーグの決勝のみであり、両大会とも準決勝で、マドリード、バイエルンを前に敗退した。

5年間、手を緩めず

この62試合中60試合は、全体の 96,77% をプレーしている計算となる。最近、5年間を振り返ると、その数字は更に高くなり、 FCバルセロナは全体の316試合中307試合に出場している(97,15%) 。  2009/10年だけは、2試合以上、黒星を喫している。その差異は、国王杯でセビージャを前にベスト16で敗退し、ベスト8、準決勝、決勝と合計5試合に参戦できなかった。

2013/14年の  FC バルセロナは、再び、62試合、プレーする可能性を秘めている (リーグ戦で38試合、チャンピオンズリーグで 13試合、国王杯で9 試合、スペインスーパー杯で2試合。一方で、欧州スーパー杯、クラブワールドカップには参戦しない)。

上に戻る