ゴールを喜ぶメッシ、ピケ、ソング

バルサにとって、最も緊張感を強いられる数々の試合がやってくる。ミランでのチャンピオンズリーグの敗戦を終えた今、チームは冷え込んだバルセロナの夜にセビージャを迎える。リーグ戦2位から勝ち点12点差をつけており、この差が大きなクッションと言えるが、チームは勝利の感覚を取戻し、ダブル・クラシコが始まる前に、モラルをあげたいと考えている。

サン・シロでの敗戦から立ち直るための最初の朗報は、木曜日に訪れた。エリック・アビダルが医師からの了承を貰ったのだ。アビダルを数にいれることができ、ジョルディ・ロウラは、アドリアーノ・コレイアを除く全員を招集できることになった。イタリアの遠征に帯同できなかったダビッド・ビジャも、再び、ピッチに立つ可能性がある。

別のセビージャ

セビージャは、ウナイ・エメリーが率いるようになってから、全く別の顔を見せて、現在、上昇気流に乗っている。バスク人監督は、今季、前に率いていたクラブチーム、スパルタック・デ・モスクワと共にカンプノウに既に訪れているが、今回、再び、セビージャと共にやってくる。エメリーがピチュアンに降り立ってから、セビージャは3勝1分1敗の成績を得て、現在、ランキングでは10位を占めている。12回のアウェー戦で勝利を手にしたのは1回だ。

バルサと同様に、セビージャもハードな1週間を目前にしている。セビージャは、国王杯の準決勝の第二戦前にリーグ戦で勝利をおさめ、勢いをつけたいのだ。水曜日にアトレティコ・デ・マドリードを相手に2-1の結果をひっくり返す必要がある。パロップ、シシーニョ、スパヒッチは欠場する。