fcb.portal.reset.password

Exjugadors del FC Barcelona als seus equips actuals

ヨーロッパのリーグも幕を閉じ、来季を考える季節となった。夏は、変化と動きのある季節だ。それはベンチも同じで、多くのベンチが元FCバルセロナの選手で占められている。今年の夏は、例えば、ジョセップ・グアルディオラがバイエルン・ミュンヘンで、フィリップ・コクーがPSVで、ベルナン・シュスターがマラガで、ルイス・エンリケがセルタで指揮を執る。また、エルネスト・バルベルデ、ローラン・ブラン、オスカル・ガルシアも、それぞれ、ベンチに座る算段が高いと言われている。

2部からU-21まで

元バルサの選手で、クラブチームに根付いている監督はたくさんいる。まず、ホームから見ていけば、ティト・ビラノバとエウセビオ・クリスタンがそれぞれ、トップチーム及びバルサBの監督としてここ数年、勤めている。また、2部Aに昇格させ、サバデルで名を成したルイス・カレラスもいれば、セルジ・バルジュアン(レクレアティーボ)やオネッシモ・サンチェス(ムルシア)も健闘している。

更に2部Bには、ラモン・カルデレ(ブルゴス)、アベラルド(スポルティングB)、ミケル・ソレル(マジョルカB)がいる。 また、スペインサッカー協会にも、バルサの選手の存在はある。現在、U-21代表を率いているジュレン・ロペテギもバルサの元選手だ。また、バルサのベテランチームを率いるビジェナも同様だ。

ヨーロッパ中...
バルサブランドは、世界中の至るところに見られる。バルサの過去を持つ監督は、あらゆるところにいるのがわかる。オランダでは、最近、ベンチについたフィリップ・コクー(PSV)のほか、ロナウド・クーマン(フェイエノールト)やフランク・デ・ブール(アヤックス)がいる。イギリスのプレミアムリーグには、ミカエル・ラウドルップ(スワンジー)とマーク・ヒューズ(ストークシティ)がおり、ブルガリアにはストイチコフが最近、 選手としても活躍していたCSKA ソフィアに入ったばかりだ。また、トルコにもバルサのエッセンスを持つロベルト・プロシネツキが2012年からカイゼリスポールを率いている。

... そして アメリカでも

ヨーロッパ以外では、フアン・アントニオ・ピツィがアルマグロのサンロレンソを率いているほか、マウリシオ・ペジェグリーノがバレンシアでのベンチ経験を終え、エストゥディアンテス・ラ・プラタの指揮を執ることになった。ペルーリーグには、フアン・アウリッチの監督として、ホセ・マリ・バケロがいる。

ヨーロッパからも南アメリカからも離れたところでは。元U-21代表監督を務めたルイス・ミジャが現在は、アラビア首長国連邦のアル・ジャジーラ・スポーティング・クラブを率いている。

他にも、コーチスタッフ、助監督などを数に入れれば、相当数があがる。フアン・カルロス・ウンスエ(ルイス・エンリケの第二監督)やルジェ・ガルシア(サバデルの第二監督)、ロベルト・ボナノ(アルゼンチンのオ・ヒギンズ)、 メオ・コドロ (レアル・ソシエダ) やジョセップ・セレル (今まで、アベル・レシノと共にセルタで第二監督をつとめていた)などがあげられる。また、現在、チームを持っていない元選手の監督には、 ビクトル・ムニョス、エステバン・ビゴ、ジュリアン・ルビオ、アルベルト・フェレルなどがいる。

上に戻る